【J-POP】90年代邦楽のジャケットデザインを振り返る

ネットでの音楽配信が主流になりつつありますが、ジャケットデザインは音楽の世界をイメージするための一助になったり、また、モノとしてのCDやレコードのプロダクトは、リスナーの所有欲を満たしてくれるものでもあります。

90年代、邦楽のアルバムジャケットは素晴らしいデザインが量産されました。
この時代のデザインの特徴を振り返ってみたいと思います。

“【J-POP】90年代邦楽のジャケットデザインを振り返る” の続きを読む

ルネ・マグリットが影響を与えた現代の広告表現やグラフィックデザイン

シュルレアリストの代表的な作家のひとりにルネ・マグリットという作家がいます。
現実的にはありえない情景を描いたり、「デぺイズマン」と言われる手法で、モ
チーフを本来あるはずがない環境や場所に配置し、絵画領域において超現実的な独特のイメージを作り出し続けました。
その作品群は哲学的要素をも含ませ、ミシェル・フーコーなどの知識人からも支持されました。

“ルネ・マグリットが影響を与えた現代の広告表現やグラフィックデザイン” の続きを読む

ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」「プレイタイム」などの素敵な世界に触れる

ジャック・タチという映画監督をご存知でしょうか。
1950年代頃にフランス映画界で活躍した監督なのですが、現在でも独特のユーモアセンスとモダンでオシャレな絵作りで一部に熱狂的なファンから支持されている監督です。
タチの作品の中でも特に評価が高い「ぼくの伯父さん」「プレイタイム」の魅力をご紹介します。
“ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」「プレイタイム」などの素敵な世界に触れる” の続きを読む

パブロ・ピカソの凄さを改めて振り返る

パブロ・ピカソは20世紀最大の芸術家と言われ、生涯において非常に多くの作品を残した作家でした。油絵と素描1万3500点、版画10万点、挿絵3万4000点、彫刻と陶器300点を制作し、最も多作な作家であるとギネスブックにも認定されています。
また、2015年には「アルジェの女たち」が1億7900万ドルで落札されました。
また、「キュビズム」の創始者であり、音楽や文学においても多大な影響を与えました。
“パブロ・ピカソの凄さを改めて振り返る” の続きを読む

なぜ「ドイツデザイン」は魅力的なのか-ドイツプロダクトを考える-

「質実剛健」と評価が高いドイツ製品を愛用している日本人も多くおり、質が高い日本製品との比較対象にもよくなります。よく知られているドイツメーカーをざっと挙げると “なぜ「ドイツデザイン」は魅力的なのか-ドイツプロダクトを考える-” の続きを読む

IKEAのデザイン開発と初の日本人デザイナー・中村 昇

「北欧デザイン」は日本でも人気が高いですが、IKEAを生んだスウェーデンのデザイン力は世界的に評価が高く、政府も資金を拠出し、デザイナー育成を始めとするデザイン産業に力を入れています(H&M、VOLVOなどもスウェーデン発です)。
“IKEAのデザイン開発と初の日本人デザイナー・中村 昇” の続きを読む

唯一無二の鬼才・パスヘッドのハードコアなスカル愛

メタリカやミスフィッツ、エクスプロイテッド、COCOBATなどのメタル/パンク/ハードコアバンドやスケ―ドボード関連のアートワークを手掛けるイラストレーター「パスヘッド」の作品をご紹介します。
鬼才ともいわれる唯一無二の”スカル愛”を感じるイラストレーションがパスヘッドの魅力です。
“唯一無二の鬼才・パスヘッドのハードコアなスカル愛” の続きを読む

ソール・ライターの絵画的写真「見るものすべてが写真になる」

ソール・ライターという写真家をご存知でしょうか。
1950年代よりニューヨークを拠点に活動し、現在では伝説的な写真家として再評価されています。

絵画のような構図や色彩感覚、ストリートに対する独特な視点が特徴的で、魅力的な作品を多く残しました。

“ソール・ライターの絵画的写真「見るものすべてが写真になる」” の続きを読む

吉田ユニが紡ぎ出す、可愛くも毒のある作品を鑑賞する

吉田ユニがアートディレクションを手掛けた作品を一度は街中で見かけたことがある、という方も多いのではないでしょうか。
「ラフォーレ」「SEIBU百貨店」などのポスター作品で知られる、アートディレクター・吉田ユニが紡ぎだす、素晴らしいアートワークを鑑賞します。

“吉田ユニが紡ぎ出す、可愛くも毒のある作品を鑑賞する” の続きを読む

草間彌生の作品と魅力を探る

草間彌生は90歳近くになった現在でも精力的に作品作りを続け、世界中の人たちの心を捉え続けています。草間彌生の魅力を、生い立ちと共に紹介します。2016年には米『TIME』誌の「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれ、文化勲章も受章しています。
“草間彌生の作品と魅力を探る” の続きを読む