ワードプレステーマ「isotype」で美しいサイトを構築する

数多くのワードプレステーマがある中で、写真と日本語文字を特に美しく見せられるテーマをご紹介します。
「isotype」はWebサイトにおける日本語タイポグラフィーの表示において、突き詰めて設計された非常に優秀なワードプレステーマです。
コンテンツの邪魔にならず、ユーザビリティと美しさを兼ね備えたテーマでビジネスを加速させましょう。
この記事ではオススメしたい「isotype」テーマをご紹介します。
“ワードプレステーマ「isotype」で美しいサイトを構築する” の続きを読む

成功例から学ぶキャッチコピーの書き方

「お金で買えない価値がある」(マスターカード)、「きれいなお姉さんは、好きですか?」(パナソニック)、「そうだ、京都に行こう」(JR東海)、「Just Do It.」(ナイキ)…。
キャッチコピーはマーケティングの世界において、売り上げアップやブランド策定において非常に重要なファクターになります。
Webサイトの場合「キャッチコピーを見て、2.5秒でその先を読み続けるかどうかを判断する」ともいわれています。
キャッチコピーの成功例を見て、書き方を学んでみましょう。
“成功例から学ぶキャッチコピーの書き方” の続きを読む

デザイントレンドをおさえてユーザビリティ・ブランディングを制する!

Webデザインを考えるときにブランディング目的なのか、ユーザビリティに配慮したものにするのか等、用途に合った施策を考え、デザインの方向性を決定する必要があります。
方向性を誤るとデザインに投下する予算や時間など、大きな損失を生み出す危険性もあります。
そこでこの記事では、近年のWebデザインの流行を踏まえ、様々なデザインのテイスト/タイプを紹介していきます。
デザイン制作に入る前にテイストや方向性を決める一助になればと思います。
“デザイントレンドをおさえてユーザビリティ・ブランディングを制する!” の続きを読む

【MV】秀逸なミュージックビデオを創る映像作家6選【PV】

誰もが手軽に映像制作・配信を楽しめる時代になりましたが、第一線で活躍しているプロはやはり表現力やアイデアが群を抜いて違います。
この記事では新旧洋邦問わず主にミュージックビデオで活躍している優れた映像作家を紹介します。
“【MV】秀逸なミュージックビデオを創る映像作家6選【PV】” の続きを読む

マンガファン必見。京都国際マンガミュージアムで一日中漫画を読みふける!

京都にある国内最大のマンガミュージアム「京都国際マンガミュージアム」をご紹介します。烏丸御池駅徒歩5分に位置し、30万冊が所蔵し、5万冊の漫画を自由に読むことが出来ます。
漫画ファン必見。この施設は漫画ファンなら絶対に行きましょう。
“マンガファン必見。京都国際マンガミュージアムで一日中漫画を読みふける!” の続きを読む

【金沢で現代美術を感じる】金沢21世紀美術館へ行こう

金沢市にある金沢21世紀美術館を紹介します。近年、様々なメディアによって金沢が取り上げられていますが、なかでも21世紀美術館は金沢観光の主要スポットとして取り上げられており、地元の人からは「まるびぃ」「21美(にじゅういちび)」という愛称で親しまれています。 “【金沢で現代美術を感じる】金沢21世紀美術館へ行こう” の続きを読む

【アンディ・ウォーホル】ポップアートとは一体何だったのか

アンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタインなどの作家の作品を見てポップアートに興味を持った方も多いと思います。この記事ではポップアートは一体何なのかを考えていきたいと思います。

“【アンディ・ウォーホル】ポップアートとは一体何だったのか” の続きを読む

「80年代デザイン」の源流、メンフィスについて

ファッションや音楽などの分野ではリバイバルブームというものが時折訪れますが、80年代という時代はデザインの分野においても特に特徴的であったといえます。ビビッドカラーや特徴的な幾何学パターンを応用したデザインは現在見ても非常にインパクトがあります。 “「80年代デザイン」の源流、メンフィスについて” の続きを読む

「売れる」ランディングページを考えてみる!

ランディングページ(LP)はネット広告などをクリックしたときに表示されるwebページです。
公式サイトなどとは違い、ランディングページは即、購買・お問い合わせに繋げる目的で制作されます。主にリスティング広告などで見かける仕様のページです。

一つの商品やサービスを詳細に、そして訴求力が高いページとして公開することを目的として、効果的な手法で広告・PRページとして使用されます。

この記事では「売れる」ランディングページデザインについて考えていきたいと思います。
“「売れる」ランディングページを考えてみる!” の続きを読む

デザイン制作における「ジャンプ率」を考える

デザイン制作における「ジャンプ率」をご存知でしょうか。ジャンプ率は簡単にいいますとデザインで使用されているテキスト(フォント)の大きさの比率のことです。
例えば、キャッチコピーとサブコピーのテキストサイズの差や見出しと本文のテキストサイズの差を出すことによって、強い訴求イメージを作りだしたり、情報をより分かり易く整理することが可能となります。
“デザイン制作における「ジャンプ率」を考える” の続きを読む