アルバムアートワーク界の巨匠「ヒプノシス」の作品を鑑賞する

ヒプノシス

アルバムアートワーク界の巨匠、「ヒプノシス (Hipgnosis)」 をご紹介します。
ヒプノシスはイギリスが生んだデザインチームで、メンバーはストーム・ソーガソン、オーブリー・パウエル、ピーター・クリストファーソンの3人体制です。

70年代を中心としたロック好きの方なら一度はヒプノシスがデザインしたジャケットを目にしたことがあるでしょう。

ピンクフロイドやレッド・ツェッペリン、10ccやブラックサバスなど往年のバンドのジャケットデザインを手掛けている事から、ロックファンにとっては馴染み深いものとなっています。また、日本人アーティストでは松任谷由実や佐野元春のアルバムアートワークを手掛けています。

 

ヒプノシスの結成

ヒプノシスは1968年にストーム・ソーガソンとオーブリー・パウエルが結成し、ロンドンを中心にデザイン活動をはじめます。当初は商業印刷物をメインに仕事を受けていました。

その後、友人であったピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズから2ndアルバム「神秘」のジャケットデザインを依頼され、本格的に音楽産業でのキャリアを築いていきます。

PINK FLOYD「神秘」
PINK FLOYD「神秘」

1974年にピーター・クリストファーソンが加わり3人体制となります。
その後1983年にチームは解散しますが、ストーム・ソーガソンがヒプノシスのデザインを受け継ぐことになります。

デザインの特徴と功績

レコードジャケットはそれまで単に宣伝用のデザインとして捉えられている傾向がありましたが、ヒプノシスは視覚芸術として高めました。レコードジャケットを単なる販促用のデザインから芸術に高めた功績は大きいです。ヒプノシスのデザインに惹かれていわゆる「ジャケ買い」をした人も多くいるハズです。

デザインの特徴としては、写真を使ったアートワークが大半を占めており、
直接的に想像力を掻き立てられるような表現が多くあります。

現実なのか非現実なのか、微妙なニュアンスを表現することによって、
観るものに自由にストーリーを持たせ、独特な余韻を与えます。
鑑賞者に「考える」余地を与えることによって、非常にイマジネーションに溢れた作品を作り出しているといえるでしょう。

PINK FLOYD「More」
PINK FLOYD「More」
SYD BARRET「Madcap Laughs」
SYD BARRET「Madcap Laughs」
PINK FLOYD「ウマグマ」
PINK FLOYD「ウマグマ」
LED ZEPPELIN「聖なる館」
LED ZEPPELIN「聖なる館」
LED ZEPPELIN「Presence」
LED ZEPPELIN「Presence」
LED ZEPPELIN「In Through the Out Door」
LED ZEPPELIN「In Through the Out Door」
YES「Tomato」
YES「Tomato」
UFO「現象」
UFO「現象」
HYDRA「Land Of Money」
HYDRA「Land Of Money」
10cc「Original Soundtrack」
10cc「Original Soundtrack」
10cc「愛ゆえに」
10cc「愛ゆえに」
10cc「Bloody Tourists」
10cc「Bloody Tourists」
PINK FLOYD「狂気」
PINK FLOYD「狂気」
PINK FLOYD「原子心母」
PINK FLOYD「原子心母」
PINK FLOYD「炎~あなたがここにいてほしい~」
PINK FLOYD「炎~あなたがここにいてほしい~」
PINK FLOYD「Animals」
PINK FLOYD「Animals」
BLACK SABBATH「Never Say Die!」
BLACK SABBATH「Never Say Die!」
BLACK SABBATH「technical Ecstasy」
BLACK SABBATH「technical Ecstasy」
STRING DRIVEN THING「String Driven Thing」
STRING DRIVEN THING「String Driven Thing」
Peter Gabriel 「Peter Gabriel 3」
Peter Gabriel 「Peter Gabriel 3」
BAD COMPANY「Bad Company」
BAD COMPANY「Bad Company」
T.REX「Electric Warrior」
T.REX「Electric Warrior」
ALAN PARSONS「TRY ANYTHING ONCE」
ALAN PARSONS「TRY ANYTHING ONCE」
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA「Electric Light Orchestra 」
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA「Electric Light Orchestra 」
Harlequin 「Victim of a Song」
Harlequin 「Victim of a Song」
DEF LEPPARD「High ’n’ Dry」
DEF LEPPARD「High ’n’ Dry」

青空、浜辺、砂漠、草原などのモチーフをうまく使い、神秘的なイメージ作りも得意としていますね。
また、音源を聴かずに制作することもあるそうです。

THE NICE「Elegy」
THE NICE「Elegy」
PINK FLOYD「Delicate Sound of Thunder」
PINK FLOYD「Delicate Sound of Thunder」
PINK FLOYD「時空の舞踏」
PINK FLOYD「時空の舞踏」
10cc「MilleerMilleer」
10cc「MilleerMilleer」
松任谷由実「VOYARGER」
松任谷由実「VOYARGER」

ヒプノシスは解散後もストーム・ソーガソンが意思を受け継ぎ、90年代以降も精力的に優れたアルバムアートワークを量産し続けました。
筆者的には合成技術の進化により、70~80年代より表現の幅が広がってきているのではないかと感じます。

ANTHRAX「Sromp442」
ANTHRAX「Sromp442」
The Cranberries 「 Bury The Hatchet」
The Cranberries 「 Bury The Hatchet」
THE MARS VOLTA「Frances the Mute」
THE MARS VOLTA「Frances the Mute」
MUSE「Absolution」
MUSE「Absolution」
佐野元春 & THE COYOTE BAND 「BLOOD MOON」
佐野元春 & THE COYOTE BAND 「BLOOD MOON」

惜しくも2013年にヒプノシスデザインを受け継いだストーム・ソーガソンが他界してしまいます。ヒプノシスが手がけたアルバム・ジャケットは現在までに372作品。今でもその作品群は渾然と輝き続けています。