【邦楽ロック】90年代邦楽ロックのジャケットデザインを振り返る

90年代の日本のロックシーンのアルバムジャケットを振り返ってみたいと思います。90年代は様々なバンドがデビューし、ジャンルも細分化されていったと感じます。
“【邦楽ロック】90年代邦楽ロックのジャケットデザインを振り返る”の続きを読む

【J-POP】90年代邦楽のジャケットデザインを振り返る

ネットでの音楽配信が主流になりつつありますが、ジャケットデザインは音楽の世界をイメージするための一助になったり、また、モノとしてのCDやレコードのプロダクトは、リスナーの所有欲を満たしてくれるものでもあります。

90年代、邦楽のアルバムジャケットは素晴らしいデザインが量産されました。
この時代のデザインの特徴を振り返ってみたいと思います。

“【J-POP】90年代邦楽のジャケットデザインを振り返る”の続きを読む

アルバムアートワーク界の巨匠「ヒプノシス」の作品を鑑賞する

アルバムアートワーク界の巨匠、「ヒプノシス (Hipgnosis)」 をご紹介します。
ヒプノシスはイギリスが生んだデザインチームで、メンバーはストーム・ソーガソン、オーブリー・パウエル、ピーター・クリストファーソンの3人体制です。

70年代を中心としたロック好きの方なら一度はヒプノシスがデザインしたジャケットを目にしたことがあるでしょう。
“アルバムアートワーク界の巨匠「ヒプノシス」の作品を鑑賞する”の続きを読む

名門レーベル4ADが紡ぐ耽美なアートワークに酔いしれる

イギリスのインディーレコードレーベル「4AD」は1979年、アイヴォ・ワッツ=ラッセルとピーター・ケントによって設立されました。そして、グラフィックデザイナーであるヴォーン・オリヴァーを招き入れます。ヴォーンは写真家のナイジェル・グリーアソンとタッグを組みデザインチーム「23 Envelope」を結成し、4ADレーベルのアートワークを手がけます。
“名門レーベル4ADが紡ぐ耽美なアートワークに酔いしれる”の続きを読む

木村豊が織りなす素敵なアルバムジャケットを鑑賞する

スピッツ、椎名林檎、バンプ・オブ・チキン、SUPERCAR、フィッシュマンズ…日本のロックシーンを支えてきたミュージシャン達には、素晴らしい作品がCDとして残っています。作品のイメージをリスナーが抱く世界観に少しでもマッチさせるために、アルバムジャケットをはじめとする”アートワーク”が存在するのかもしれません。
“木村豊が織りなす素敵なアルバムジャケットを鑑賞する”の続きを読む

ダサい・シュールなPVを集めてみた。

You Tubeでミュージックビデオをよく見るのですが、作りが酷いPVってありますよね?この記事では思わず「ダセェ」と唸ってしまうようなPVや、「?」がつくような意味不明でシュールなPVをご紹介します。
“ダサい・シュールなPVを集めてみた。”の続きを読む

左脳がシェイクされるようなオススメジャパニーズHIP HOP

クリエイティブ力を発揮するための左脳がビンビンになるような おすすめHIP HOPグループをご紹介したいと思います。
“左脳がシェイクされるようなオススメジャパニーズHIP HOP”の続きを読む