マーカス・キーフのシュールな美意識に触れる

マーカス・キースは1960年代後半から1970年代半ばまで活躍したビジュアルアーティストで、優れたアルバムジャケットのデザインを数多く作成しました。
この時代に活躍したヒプノシスロジャー・ディーンと肩を並べるジャケットデザイナーの一人で、シュールな作風で知られています。
“マーカス・キーフのシュールな美意識に触れる”の続きを読む

【邦楽ロック】90年代邦楽ロックのジャケットデザインを振り返る

90年代の日本のロックシーンのアルバムジャケットを振り返ってみたいと思います。90年代は様々なバンドがデビューし、ジャンルも細分化されていったと感じます。
“【邦楽ロック】90年代邦楽ロックのジャケットデザインを振り返る”の続きを読む

【J-POP】90年代邦楽のジャケットデザインを振り返る

ネットでの音楽配信が主流になりつつありますが、ジャケットデザインは音楽の世界をイメージするための一助になったり、また、モノとしてのCDやレコードのプロダクトは、リスナーの所有欲を満たしてくれるものでもあります。

90年代、邦楽のアルバムジャケットは素晴らしいデザインが量産されました。
この時代のデザインの特徴を振り返ってみたいと思います。

“【J-POP】90年代邦楽のジャケットデザインを振り返る”の続きを読む

パブロ・ピカソの凄さを改めて振り返る

パブロ・ピカソは20世紀最大の芸術家と言われ、生涯において非常に多くの作品を残した作家でした。油絵と素描1万3500点、版画10万点、挿絵3万4000点、彫刻と陶器300点を制作し、最も多作な作家であるとギネスブックにも認定されています。
また、2015年には「アルジェの女たち」が1億7900万ドルで落札されました。
また、「キュビズム」の創始者であり、音楽や文学においても多大な影響を与えました。
“パブロ・ピカソの凄さを改めて振り返る”の続きを読む

吉田ユニが紡ぎ出す、可愛くも毒のある作品を鑑賞する

吉田ユニがアートディレクションを手掛けた作品を一度は街中で見かけたことがある、という方も多いのではないでしょうか。
「ラフォーレ」「SEIBU百貨店」などのポスター作品で知られる、アートディレクター・吉田ユニが紡ぎだす、素晴らしいアートワークを鑑賞します。

“吉田ユニが紡ぎ出す、可愛くも毒のある作品を鑑賞する”の続きを読む