「売れる」ランディングページを考えてみる!

ランディングページ(LP)はネット広告などをクリックしたときに表示されるwebページです。
公式サイトなどとは違い、ランディングページは広告としてユーザに訴求することが多いです。
一つの商品やサービスを詳細に、そして訴求力が高いデザインに仕上げることが出来、公式サイトでは伝えられない商品・サービスの魅力を訴求できるため、広告として効果的な手法としてWeb上では使用されています。
この記事では「売れる」ランディングページについて考えていきたいと思います。
“「売れる」ランディングページを考えてみる!”の続きを読む

デザイン制作における「ジャンプ率」を考える

デザイン制作における「ジャンプ率」をご存知でしょうか。ジャンプ率は簡単にいいますとデザインで使用されているテキスト(フォント)の大きさの比率のことです。
例えば、キャッチコピーとサブコピーのテキストサイズの差や見出しと本文のテキストサイズの差を出すことによって、強い訴求イメージを作りだしたり、情報をより分かり易く整理することが可能となります。
“デザイン制作における「ジャンプ率」を考える”の続きを読む