ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」「プレイタイム」などの素敵な世界に触れる

ジャック・タチという映画監督をご存知でしょうか。
1950年代頃にフランス映画界で活躍した監督なのですが、現在でも独特のユーモアセンスとモダンでオシャレな絵作りで一部に熱狂的なファンから支持されている監督です。
タチの作品の中でも特に評価が高い「ぼくの伯父さん」「プレイタイム」の魅力をご紹介します。
“ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」「プレイタイム」などの素敵な世界に触れる”の続きを読む

パブロ・ピカソの凄さを改めて振り返る

パブロ・ピカソは20世紀最大の芸術家と言われ、生涯において非常に多くの作品を残した作家でした。油絵と素描1万3500点、版画10万点、挿絵3万4000点、彫刻と陶器300点を制作し、最も多作な作家であるとギネスブックにも認定されています。
また、2015年には「アルジェの女たち」が1億7900万ドルで落札されました。
また、「キュビズム」の創始者であり、音楽や文学においても多大な影響を与えました。
“パブロ・ピカソの凄さを改めて振り返る”の続きを読む